絶妙すぎるイフェクサー!私が一番愛用する抗うつ剤

万能なイフェクサー

イフェクサーとは、海外では代表的な抗うつ剤として活躍している医薬品で、うつ病、うつ状態に対して効果のあるお薬となります。
日本では2015年に使用が可能となりましたが、スイスで1993年より発売開始されて以来、その歴史は20年以上にもなります。

最近までなぜ日本で使えなかったかというと、臨床試験をする中で、『日本人にとって十分な抗うつ効果がある』
ということが実証できませんでした。
しかし最近になって改めて臨床試験が行われた際に、『日本人に対しても十分な効果がある』ということが認められ、2015年に満を持して発売されました。

海外ではパニック障害や不安障害に対しても処方されており、注意欠陥多動性障害、対人恐怖症、強迫性障害などの症状に対しても効果が期待できるとの報告がされています。

そしてイフェクサーは『SNRI』という種類の抗うつ剤です。
『SNRI』とは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(Serotonin-Noradrenaline Reuptake Inhibitor)の略で、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻止する効果のあるお薬です。

逆に、脳内のセロトニンとノルアドレナリンを増やす薬だと考えて良いでしょう。
また軽度ですがドパミンを増加させる効果なども確認されています。
イフェクサーは服用することで、主成分ベンラファキシンが脳内の"セロトニン"を増やし、不安や落ち込みを改善させ、ノルアドレナリンを増やすことで、やる気もアップさせてくれます。
そのためうつ病の方に対してとても効果が期待できる抗うつ剤だと言えるでしょう。

また、イフェクサーにはジェネリック医薬品もあり海外通販サイトなどで個人輸入として簡単に手に入れることが出来ます。
定期的に飲むような抗うつ剤などは病院に行き処方してもらう際、費用もかさむので、服用する場合はジェネリック医薬品がおすすめです。